テツ浪人の風景in
郵便局のポストや風景印を中心に紹介しています
プロフィール

テツ浪人

Author:テツ浪人
鉄道好きで全国を巡り、駅での列車待合せ時間帯に「丸型ポスト」や「面白ポスト」を撮影していました。 2014年に郵便局に「風景印」があるのを知り、駅の近くにある郵便局へ立寄り「風景印」を集めだしました。[Ameba]ブログでは鉄道を中心に掲載していますが、[FC2]ブログでは郵便局に関するブログを掲載していきます。
Amebaブログもヨロシク[http://ameblo.jp/tetu-ronin/]



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道の駅かみこあに 面白ポスト
近年は町の観光拠点として「道の駅」や「海の駅」などの施設が多くなりました。 
 
道の駅かみこあに
「道の駅かみこあに」は北秋田市から秋田市へと向かう、上小阿仁村の国道285号線の沿線に
あります。 山間地を抜けるので途中コンビニも無く、休憩所として適しています。
 
道の駅内の産直品などの販売所入口にポストが設置されています。 屋根のある玄関に設置さ
れているポストですが、小さな屋根が取付けられているポストです。 雰囲気的には妖怪ポストを
思わせます。

国府郵便局
飛騨の観光地としては「高山」の古い町並みが知られていますので、知名度は飛騨市より
高いと思えます。
 
国府
国府郵便局は、国道41号線より1本街中に入った住宅地内にあり、飛騨市と高山市の市境も近い
場所です。 高山本線国府駅からも徒歩10分程の場所です。
 
国府
風景印は、高山市国府町にある国宝「安国寺の経蔵」と県立自然公園の「宇津四十八滝」と岐阜県に
多く残る「円空仏」が描かれています。


飛騨古川郵便局
岐阜県の北部、神岡町・河合村・宮川村と古川町が平成の大合併で飛騨市となりました。
飛騨市の市役所は旧・古川町に置かれました。

飛騨古川
飛騨古川郵便局は飛騨市役所近くの商店なども多い地区にあり、飛騨古川駅からも徒歩10分程の
場所にあります。
 
飛騨古川
風景印は、毎年4月に開催される国の重要無形民俗文化財「古川祭り」の「屋台」と「起こし太鼓」
と特産品の「鮎」が描かれています。


飛騨細江郵便局
高山本線の神岡駅から飛騨古川駅間は普通列車の本数も少ない区間です。
 
飛騨細江
飛騨細江郵便局は、国道41号線沿いにあり高山本線の飛騨細江駅にも近い場所にあります。

飛騨細江
風景印は、「細江歌塚公園の歌碑」と飛騨市合併前の古川町の花「花菖蒲」が描かれています。


飛騨河合郵便局
岐阜県の北部は「飛騨」地区と呼ばれ、山間の集落となっていますので、隣の集落へと移動する
には自家用車でも時間を要します。
 
飛騨河合
飛騨河合郵便局は、平成の大合併前は河合村の中心地にありました。 高山本線の角川駅とは少し
離れています。

飛騨河合
風景印は、白川村との村境にある「天生峠」を背景に、河合村の特産品「山中和紙の制作風景」と
県指定無形文化財「小獅子」が描かれています。
坂上郵便局
先週迄は地元富山県の隣、石川県の風景印を紹介していましたが、今週からは同じくお隣の
岐阜県の風景印を紹介していきます。
 
坂上
坂上郵便局は高山本線坂上駅の駅前より徒歩数分に位置し、飛騨市に合併する迄は宮川村の中心地
として、商店や旅館なども見られます。
 
坂上
風景印は、宮川地区の「白木峰」を背景に「青少年旅行村のテント」と「水芭蕉」が描かれています。


三崎郵便局 丸型ポスト
石川県の能登半島にある珠洲市の中心地より北部にある珠洲市三崎町の郵便局です。
三崎郵便局
三崎郵便局の局前に丸型ポストが設置されています。 風景印も設置されている郵便局です。

道の駅寒河江 面白ポスト
山形県の「道の駅・寒河江」で休憩した時に見付けました。 「道の駅・寒河江」の愛称は「チェリーランド」
と呼ばれています。
 
道の駅寒河江
丸型ポストですが、ポストには「サクランボ」のレリーフが付けられています。

徳田郵便局
能登島から移動しますが、引き続き七尾市内の郵便局を紹介します。
 
徳田
徳田郵便局は、七尾市と中能登町の境界近くの七尾市南部に位置した、幹線道路沿いにあります。 

徳田
風景印は、頓聽寺の境内の神木で、七尾市指定文化財「飯川町の大欅」の外枠にして描かれています。


えの目郵便局
能登島は自動車ならば1時間もかからず一周できます。
 
えの目
えの目郵便局は、能登島では一番奥まった集落内にあります。

えの目
風景印は、富山湾越しの「立山連峰」を背景に、「寺島蔵人配所碑」と「フヨウの花」が描かれています。
寺島蔵人は、加賀藩の藩政を巡って藩の重臣と対立し、能登島へ流刑となり死去しましたが、画家とし
て、多くの秀作を残しています。
 
チナミに、「えいの目」は正式には「鰀目」と書くようですが、地図などでは平仮名やカタカナで「エイノ目」
と表記しています。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。