テツ浪人の風景in
郵便局のポストや風景印を中心に紹介しています
プロフィール

テツ浪人

Author:テツ浪人
鉄道好きで全国を巡り、駅での列車待合せ時間帯に「丸型ポスト」や「面白ポスト」を撮影していました。 2014年に郵便局に「風景印」があるのを知り、駅の近くにある郵便局へ立寄り「風景印」を集めだしました。[Ameba]ブログでは鉄道を中心に掲載していますが、[FC2]ブログでは郵便局に関するブログを掲載していきます。
Amebaブログもヨロシク[http://ameblo.jp/tetu-ronin/]



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上有住郵便局
「上有住」と聞いて駅を思い出す人は鉄ちゃんと思えます。
 
上有住
上有住郵便局は、国道340線より住田町上有住地区の集落の中にあります。
チナミに、上有住地区は釜石線の上有住駅からは相当な距離が離れています。
 
上有住
風景印は、住田町の五葉山火縄銃鉄砲隊が行う「火縄演武」の姿と「滝観洞」洞内の滝が
描かれています。
 
滝観洞は釜石線の上有住駅より徒歩数分の場所にあり、以前列車の待ち合わせ時間の間に
滝観洞を見学しました。 ヘルメットにカッパと長靴を履いて見学は地底探検を思わせるもので
楽しいです。
スポンサーサイト
下有住郵便局
岩手県は都道府県としては北海道に次いで2番目に広い県となっていますので、自動車で海岸線
へと向かうにも時間を要します。
 
下有住
下有住郵便局は国道340号線沿いの住田町に下有住の集落にあります。
 
下有住
風景印は、物見山にある「雨雲レーダー基地」と「種山高原」の牧場の風景に、下有住地区で
行われている「外館鹿踊り」が描かれています。
大股郵便局
岩手県の三陸鉄道へは山間地を越えて海岸線へと向かいます。
 
大股
大股郵便局は、国道397号線より少し路地に入った集落内にある郵便局です。
 
大股
風景印は住田町の花「アツモリ草」に「県営種山牧場」と一等三角点のある「物見山」にある
「雨量レーダー基地」が描かれています。
羽田郵便局
先週に引き続き、岩手県の風景印を紹介します。
 
羽田
羽田郵便局は「はねだ」ではなく「はだ」と読みます。 羽田郵便局は、東北本線の水沢江刺駅の
近くにあります。
 
羽田
風景印は、「北上川の風景」を背景に「南部鉄器の鉄瓶」が描かれています。
 
羽田郵便局のある奥州市は南部鉄器の産地で、特に江刺区が発祥の地とも言われています。
霧島神宮駅前 丸型ポスト
丸型ポストは九州からです。

霧島神宮駅
日豊本線の霧島神宮駅は、霧島神宮や霧島温泉への玄関駅となっていますが、離れているので、バスや
タクシーでの移動となります。
霧島神宮駅の駅舎は社殿造りではないですが、朱色の駅舎に鳥居が設置されています。
駅前には同じく朱色の丸型ポストが設置されています。

平泉駅前 面白ポスト
面白ポストも岩手県から紹介します。

IMG_0524.jpg
岩手県の平泉は「世界文化遺産」に登録され、観光客の多いタクです。 平泉駅は中尊寺、毛通寺、
無量光院跡、などへの玄関駅として、駅舎も建て直され「東北の駅百選」にも選定されています。

平泉駅
平泉駅の駅前には、「中尊寺金色堂」をかたどった模型と、「国宝“金銅華鬘”(こんどうけまん)」の
レプリカが乗っています。
岩手黒石郵便局
岩手県の三陸鉄道へは東日本大震災後には3度訪問しています。 1度は震災後1年程経過した
時で、三陸鉄道は部分開通しかしていませんでした。 2回目と3回目は三陸鉄道が全線開通後で、
同時に風景印も収集しました。
 
岩手黒石
岩手黒岩郵便局は奥州市水沢区の国道343号線より黒石町の集落に入った場所にあります。
すぐ横には北上川が流れ、橋を渡ると「道の駅みずさわ」かせあります。

岩手黒石
風景印は黒石町にある国指定重要文化財「正法寺」と御本尊「如意輪観世音菩薩」と元水沢市の鳥
「ヒバリ」が描かれています。


生母郵便局
昨日迄は九州の風景印を紹介しましたが、今回からは岩手県の風景印を紹介します。
 
岩手県へは東日本大震災で被災した三陸鉄道に乗車することを目的に訪問しました、
自宅の富山からは距離があるますが、鉄道で三陸鉄道へと向かうには時間も要するので、自家用車で
向かい、途中の郵便局に立寄りました。
 
生母
生母郵便局は岩手県奥州市の前沢区にあります。 東北本線の前沢駅からは離れていて、幹線道路から
すこし入った住宅地内にあります。

生母
風景印は「東稲山」を背景に「牧場」と「北上川」を描いています。


清武郵便局
清武町も平成の大合併で宮崎市となりました。 
 
清武
日豊本線の清武駅より徒歩で10分程離れた、元清武町役場近くにあります。
 
清武
風景印は、国の史跡に指定されている、清武町出身の幕末の需学者「安井息軒宅跡」と「石碑」に
清武町の木「梅」が描かれています。
宮交シティ内郵便局
宮崎市の中心街は宮崎駅となっていますが、隣の南宮崎駅も車両基地があることから、特急列車
なども停車する重要な駅となっています。
 
宮交シティ内
宮交シティ内郵便局は南宮崎駅の正面にあるショッピングセンター内にある郵便局です。
バスターミナルとショッピングセンターが共用する建物となっていて、1階に宮交シティ内郵便局が入居
しています。
  
宮交シティ内
風景印は、宮崎市内からは少し離れていますが「青島の全景」と「埴輪」に「ソテツ」が描かれています。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。