テツ浪人の風景in
郵便局のポストや風景印を中心に紹介しています
プロフィール

テツ浪人

Author:テツ浪人
鉄道好きで全国を巡り、駅での列車待合せ時間帯に「丸型ポスト」や「面白ポスト」を撮影していました。 2014年に郵便局に「風景印」があるのを知り、駅の近くにある郵便局へ立寄り「風景印」を集めだしました。[Ameba]ブログでは鉄道を中心に掲載していますが、[FC2]ブログでは郵便局に関するブログを掲載していきます。
Amebaブログもヨロシク[http://ameblo.jp/tetu-ronin/]



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

門別郵便局
北海道の鉄道旅最終日は日高本線の駅を巡りました。 

門別
門別郵便局は日高門別駅の隣に日高町役場があり、その隣に門別郵便局がありました。
周囲には民家などが多く、小さな商店が少し集まっている程度の商店街となっています。
 
門別
風景印は日高町で盛んな「軽種馬(競走馬)」の牧場と「日高門別灯台」に北海道花「ハマナス」が
描かれています。

日高本線の列車本数も少なく、次の列車迄2時間以上の待合わせとなるので、門別町からは路線バスを
利用して、隣の富川駅へと移動しました。 北海道の駅訪問には路線バスや徒歩での移動も必須となります。

スポンサーサイト
苫小牧郵便局
室蘭本線と函館本線の駅を巡り、特急列車で苫小牧駅へ向かい宿泊しました。 
本日は北海道の鉄道旅の最終日となり、日高本線の駅を巡ることにしました。
但し、日高本線の列車本数も少ない影響で、苫小牧駅はゆっくりと出発します。

苫小牧
苫小牧郵便局は苫小牧駅より徒歩10分程離れていますが、宿泊したホテルの近くにあったので
営業開始9時少し前にチェックアウトし、苫小牧郵便局に訪問しました。
苫小牧郵便局の前には王子総合病院などもあり、繁華街に近い場所です。 訪問時には郵便局の
外壁工事のネットが張られていたので、外観はわかりませんでした。

苫小牧
風景印は苫小牧市と千歳市にまたがる活火山の「樽前山」と飛来している「白鳥」と港湾都市である
「苫小牧港」に苫小牧市で盛んな「スケーター」の姿が描かれています。


八雲郵便局
北海道の鉄道旅では普通列車のみで駅を巡るには難しい点も多いので、特急列車も有効的に
活用します。 本日の最後に乗車する列車を特急列車として、宿泊地へと移動します。
函館本線の八雲駅は北海道最西端の有人駅で、全ての特急列車が停車する駅です。
 
八雲
八雲郵便局は八雲駅の正面より左手に数分歩くと八雲郵便局があります。 八雲郵便局迄の
通りは商店街となっています。 訪問した時間が17時を過ぎていたので、後日郵頼での取得と
なりました。

八雲
風景印は八雲町で盛んな酪農を描いた「牧場」の風景となっています。
渡島当別駅 丸型ポスト
北海道の江差線にある渡島当別駅の駅前に丸型ポストが設置されています。
2015年に北海道新幹線が開業すると第三セクター化される予定の駅です。
 
渡島当別駅
渡島当別駅は教会をモチーフにした駅舎で、待合室にはキリスト像が設置されています。
又、駅舎内には渡島当別郵便局も入っています。
渡島当別駅の近くにトラピスト修道院があることで、駅舎が教会の形にしたようです。

魚津駅 面白ポスト
「面白ポスト」は地元富山県の魚津駅の駅前に設置されているポストです。
 
魚津駅
魚津駅のある魚津市は蜃気楼の見える町としられていますが、「面白ポスト」は毎年8月に開催される
「たてもん祭り」のたてもんを模っています。 「たてもん」は高さ16m程の太い心柱に横木を付けて90個
程の提灯をぶらさげています。 「たてもん」は80名程で威勢よく曳き廻す姿が勇壮です。
「たてもん」の下には魚津の三大奇観と言われる「蜃気楼」「埋没林」「ホタルイカ」も描かれています。
続きを読む
長万部郵便局
室蘭本線と函館本線の接続駅の長万部駅は、北海道の駅でも重要の一つです。
函館駅を出発した特急列車は全て室蘭本線へと入っていきますが、函館本線へは普通列車のみ
乗り入れていきます。 

長万部
長万部郵便局は長万部役場の隣にあり、長万部駅より徒歩で5分程かかります。
 
長万部
風景印は「内浦湾」から望む「駒ケ岳」を背景に「帆立貝」と「毛蟹」が描かれています。
長万部駅の正面より真っ直ぐ進むと海岸へと出られ、駒ヶ岳が見られます。
 
長万部駅に訪れると、駅弁の「かにめし」を購入することはお忘れなく・・・

虻田郵便局
室蘭本線の洞爺駅を訪問しました。 洞爺湖サミットが開催されたこともあり、駅舎は新しくなっていま
した。 洞爺湖観光の拠点となる駅なので、外国からの観光客も多い駅でした。

虻田
虻田郵便局は洞爺駅の正面を進み2本目を右に曲がった路地にあります。
「虻田」とは旧・町名で、虻田町と洞爺村が合併し洞爺湖町となり、洞爺駅も元の駅名は虻田駅でした。
 
虻田
風景印は「洞爺湖」の風景と水力発電所のダムが描かれています。


黄金郵便局
北海道の鉄道旅は室蘭本線の駅を巡っています。 今回の鉄道旅で是非とも訪問したいと思っていた
駅が黄金駅です。 海岸線近くの駅のホームからは海越しに有珠岳も見える駅でした。
 
黄金
黄金郵便局は黄金駅の正面より国道沿いに右手に進むと3分程のコンビニの隣にあります。
民家が国道沿いに並んで、あまり多くはないです。
 
黄金
風景印は「有珠岳」と火山活動が活発な「昭和新山」に放牧される「競走馬」の風景に「黄金」の
文字が入った小判が描かれています。

伊達駅前郵便局
留萌本線より札幌市内へと移動して、次の日は室蘭本線の駅を巡ってきました。
特急列車に乗車し、伊達紋別駅で下車しました。
 
伊達駅前
伊達駅前郵便局は、伊達紋別駅の駅前より真っ直ぐ出て、1分程の場所にあります。
駅名が伊達紋別駅ですが、伊達駅前と省略された局名となっています。
 
伊達駅前
風景印には「有珠山」を背景にし、伊達邦成が伊達地区の開拓にあたった功績で明治政府から男爵の位を
受けた祝いに、家臣らによって明治25年に建てられた迎賓館と伊達氏の甲胄が描かれています。
増毛郵便局
留萌本線の終点、増毛駅で下車しましたが、次の列車まで2時間以上あるので直ぐに折り返しの
列車に乗車する予定でしたが、駅舎の撮影している間に列車が出発してしまいましたので、増毛の
町内を散策して、増毛郵便局の前も通りました。

増毛
増毛郵便局は増毛駅より徒歩5分程の住宅地内にあります。 17時過ぎていましたので、後日郵頼
で風景印を取得しました。
 
増毛
風景印には増毛町にある「暑寒海水浴場」から見る「カムイト岬」と「暑寒別岳」の風景に、「林檎」と
「サクランボ」が描かれています。
 
チナミに、増毛町は先月お亡くなりになった「高倉健さん」が主演した「駅・STAITION」でロケ地となった
「増毛駅」や「風待食堂」などが多く残っています。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。