テツ浪人の風景in
郵便局のポストや風景印を中心に紹介しています
プロフィール

テツ浪人

Author:テツ浪人
鉄道好きで全国を巡り、駅での列車待合せ時間帯に「丸型ポスト」や「面白ポスト」を撮影していました。 2014年に郵便局に「風景印」があるのを知り、駅の近くにある郵便局へ立寄り「風景印」を集めだしました。[Ameba]ブログでは鉄道を中心に掲載していますが、[FC2]ブログでは郵便局に関するブログを掲載していきます。
Amebaブログもヨロシク[http://ameblo.jp/tetu-ronin/]



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洞爺駅 丸型ポスト
北海道の丸型ポストは室蘭本線の洞爺駅です。
 
洞爺駅
洞爺駅は2008年に開催された洞爺湖サミットの影響もあり、駅舎は新しく改築されましたが、
駅前に設置されているポストは丸型ポストです。

三沢駅 面白郵便局
「面白ポスト」の紹介は今回も青森県です。 青森県も東北新幹線の新青森駅迄の延長によって
東北本線は第三セクター「青い森鉄道」となり、その影響もあり十和田観光鉄道が廃線となりまし
たので、廃線前に訪問して撮影しました。
 
三沢駅
青い森鉄道の三沢駅の駅舎前のポストの上にはビラミット型の置物が設置されています。
赤色と白色の絵が描かれているようですが、ピラミッドの中に飛行機のモデルが入っています。 
飛行機は「高速レーサー用につくられたジービーR-1」とのことです。
三沢市には航空自衛隊と米軍基地があるので、多くの航空機が見られることより、三沢市内には
この他にもポストの上に飛行機のモデルが乗っているようです。
舎熊郵便局
留萌本線は留萌駅迄は山間部を走りますが、留萌駅から終点増毛駅迄は海岸線に並行して走るので
風景も良い箇所が多くなります。 しかし、留萌駅~増毛駅間のダイヤは更に少なくなるので、乗車する
にも工夫が必要となる区間です。
 
舎熊
舎熊郵便局は舎熊駅を出て海岸線沿いの国道を左手に曲がると直ぐあります。
海岸線に沿って民家は見られます。

舎熊
風景印は、日本海越しに見える「署寒別岳」を背景に、「サクランボ」と「鮭」が描かれています。
しかし、増毛町は「ニシン」が有名だと思っていましたが・・・

幌糠郵便局
北海道の鉄道旅は石北本線に乗車し、翌日は留萌本線に乗車しました。
留萌本線は普通列車しか走らない路線で、列車本数も少ないです。
 
幌糠
幌糠郵便局は留萌本線の幌糠駅より徒歩5分程の場所にあり、周囲には民家が少し集まっている
程度の寂しい駅前です。
 
幌糠
風景印は「獅子舞」の獅子頭に「米」の稲穂と「留萌ダム」の風景が描かれています。
上川郵便局
鉄道の旅が好きな人ならば「青春18きっぷ」での旅を楽しむ人も多いと思いますが、石北本線の
上川駅より網走方面へと向かうためには1日2本の列車しか無いので、「青春18きっぷ」の旅で
は、苦労する区間となっています。
 
上川
上川郵便局は上川駅より徒歩で数分の場所にあります。 郵便局の周囲には商店なども見られま
すが、静かな住宅地となっています。 上川駅に到着したのが17時を過ぎていましたので、後日
郵頼での取得となりました。
スキージャンプの高梨沙羅さんの出身地の町なので、街中には幟やポスターを多く見かけました。
 
上川
風景印は「層雲峡の銀河の滝」の風景と登山者が描かれています。

上川駅より層雲峡行の路線バスもでていますが、旭川市内からの方が便利なので、利用者は
多くないようにも思えます。

相ノ内郵便局
石北本線の駅を巡り、相内駅に下車しました。 小さな無人駅なので、次の列車迄1時間以上待つ
ことになりました。

相ノ内
相ノ内郵便局は相内駅より徒歩で数分の国道沿いにあります。 国道沿いにはスーパーマーケットや
コンビニなども見られました。
地名や駅名などには「相内」と表記していますが、郵便局だけが「相ノ内」と表記しているようです。
 
相ノ内
風景印は北見市内にある「富里森林公園」と「モイワスポーツワールド」が描かれています。
留辺蘂郵便局
北海道の鉄道旅は網走駅から石北本線に乗車しました。 石北本線には特急列車が運行していますが、
普通列車を合わせても本数が少ないので、駅訪問には工夫が必要な路線です。
 
留辺蘂
留辺蘂郵便局は留辺蘂駅前にあります。 早朝の特急列車に乗車して訪問しましたので、営業開始前の
訪問でしたので、後日郵頼での取得となりました。 現在は北見市ですが、留辺蘂町の玄関駅として周囲
には役所や商店・銀行などが集まってはいますが、静かな町です。

留辺蘂
風景印は北見市に合併する前の留辺蘂町の町の木「赤蝦夷松」と町の花「蝦夷紫ツツジ」に大雪山の
姿が描かれています。

北浜駅 丸型ポスト
北海道の丸型ポストを紹介しています。 風景印も釧網本線を紹介していましたので、丸型ポストも
釧網本線から紹介します。
 
北浜駅
「オホーツク海に一番近い駅」として有名な北浜駅の駅前に丸型ポストが設置されています。
 
北浜駅は木造駅舎で修繕はされているようですが、古い形で残されています。 駅の待合室には切符や
名刺などが貼られていることでも知られています。
駅事務所は喫茶店「停車場」として利用されていますので、列車の待合せ時間もゆっくり過ごせる駅とな
っています。 近年は観光バスなども多く訪れる駅で、中国・韓国からの海外の旅行者も訪れて駅舎を
撮影していくまで、丸型ポストも写っているでしょうネ。

弘前駅 面白ポスト
「面白ポストの楽しみ」は青森県のポストを紹介します。
 
弘前駅
奥羽本線と弘南鉄道が乗入れる弘前駅は、立派な駅ビルの駅舎となっています。
正面の中央口をでると、大きなりんごが乗ったポストがあります。 りんごの生産が多い弘前市なので、
りんごがモチーフとなっているのもうなづけます。

網走駅前郵便局
釧網本線では数駅訪問しましたが、駅近くに郵便局があるのは斜里駅だけでした。
 
網走駅前
網走駅前郵便局は、網走駅の駅前を左手に進むと直ぐに見つかりました。 ビルの1階にある小さな
郵便局でした。 訪問日が日曜日でしたので、後日郵頼で取得しました。

網走駅前
流氷のオホーツク海からみる知床の知床硫黄山の遠望と「ニポポ人形」が描かれています。
「二ポポ人形とは」アイヌ民族の民芸品で、小さな木の子供」「人形」という意味があるようです。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。