テツ浪人の風景in
郵便局のポストや風景印を中心に紹介しています
プロフィール

テツ浪人

Author:テツ浪人
鉄道好きで全国を巡り、駅での列車待合せ時間帯に「丸型ポスト」や「面白ポスト」を撮影していました。 2014年に郵便局に「風景印」があるのを知り、駅の近くにある郵便局へ立寄り「風景印」を集めだしました。[Ameba]ブログでは鉄道を中心に掲載していますが、[FC2]ブログでは郵便局に関するブログを掲載していきます。
Amebaブログもヨロシク[http://ameblo.jp/tetu-ronin/]



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問寒別郵便局
北海道内では、列車ダイヤの本数が少ないのに合わせて、普通列車でさえ停車しないダイヤがあるので、
駅訪問を行うには苦労します。 糠南駅は周囲には民家は数軒でほとんど牧草地となっていて、停車する
列車本数も少ないことで、秘境駅としていも高ランクの駅です。 合わせて板張りホームに物置小屋が駅舎
代わりとなっていることで、テツにはチョット知られた駅です。
そんな、糠南駅には早朝に到着しましたが、次の列車は午後にしか到着しないので、隣の問寒別駅へと歩
くことにしました。 
 
問寒別 (2)
糠南駅から問寒別駅迄は徒歩30分程で、問寒別駅への途中に問寒別郵便局があります。
問寒別郵便局には9時前に到着しましたので、窓口が開くまで局前で待っていると、少し早めに窓口業務を
開始して頂き、風景印を押印してもらいました。 
 
問寒別
問寒別の景勝地となっている「知駒岳」と「中の峯」の風景が描かれています。
 
先日TV番組で糠南駅が紹介されていました。 物置小屋駅舎の珍しさで紹介されたようですが、現在は
高校生などの定期利用者が無いですが、テツは時々下車するとのことです。
 



勇知郵便局
北海道のテツ旅は列車からの車窓も楽しみです。 特に最北の路線「宗谷本線」は特筆する区間も多いです。
稚内駅より普通列車に乗車し、3ツ目の勇知駅で下車しました。 勇知駅は北海道ではよく見られる貨車駅の
駅舎です。 稚内駅・南稚内駅が有人駅、抜海駅が木造駅舎の無人駅なので、勇知駅は「日本最北の貨車駅」
の駅となります。 
 
勇知 (2)
勇知駅を出ると交差点に勇知郵便局があります。 小さな集落ですが立派な局舎となっています。
列車ダイヤが少ないので、17時過ぎて到着しましたので「郵頼」となりました。

勇知
風景印は「利尻富士」を背景に「ハマナス」と「エゾカンゾウ」の花が描かれています。  
チナミに、勇知駅からは利尻富士は見えませんが、宗谷本線の抜海駅~南稚内駅間で見える利尻
富士を描いているようです。
国稀酒造 丸型ポスト
「日本最北の丸型ポスト」が何処有るのかは不明です。 知っている方教えてくださ~い。
今まで撮影できている「最北の丸型ポスト?」を紹介します。
 
国稀酒造
留萌本線の終点増毛駅から徒歩5分程にある、「日本最北の造り酒屋・国稀酒造」の店舗前に丸型ポストが
設置されています。 到着した時間が夕方でしたので、酒造店見学などが出来なかったのが残念です。
 
国稀酒造の店舗は観光地化されていて、古い木造店舗が残されているので、丸型ポストが良い雰囲気を
出しています。
日本最北の郵便ポスト
今週は北海道の最北の地「稚内」・「宗谷」の風景印を紹介してきましたので、面白ポストも「日本最北の
ポスト」を紹介します。
 
最北のポスト
宗谷岬にある「日本最北の商店 柏屋」の横に設置されているポストが「日本最北のポスト」となります。
「面白ポスト」でも「丸型ポスト」でもない普通の形のポストです。
 
このポストから投函した場合の消印は「稚内郵便局」の消印でしたのが、少々残念でした。
日本郵政も少し余裕があれば「日本最北のポスト」の消印を作ってほしいですネ。
稚内郵便局
南稚内駅から稚内駅へと戻るには宗谷本線の列車ダイヤが薄いので、路線バスの利用が便利です。
路線バスの本数も多いので、稚内市内観光には路線バスは欠かせない交通手段です。
 
稚内
稚内駅前を出て、「最北の役所」稚内市役所へ向かう途中にあり、徒歩3分程の場所にあり稚内駅前
からも局舎が見られます。
 
稚内
風景印は稚内駅前から徒歩5分程にある「防波堤ドーム」と樺太で亡くなられた方々への慰霊の塔「氷
雪の門」が描かれています。

「氷雪の門」へは稚内駅より離れていて稚内公園の山頂近くにあるので、徒歩で向かうには大変です。
定期観光バスを利用するとノシャプ岬・宗谷岬なども半日で巡れますのでお勧めだと思えます。
稚内南郵便局
稚内潮見郵便局より徒歩10分程で稚内南郵便局があります。 

稚内南
稚内南郵便局は住宅地内にあり、南稚内駅からは少し離れています。
 
稚内南
風景印のデザインは稚内潮見郵便局と同じものです。
 
チナミに、稚内南郵便局周辺からは「稚内市開基百年記念塔」や「樺太行のフェリー乗場」などとは
少し離れていて、稚内郵便局が近いと思えます。

稚内潮見郵便局
宗谷岬ではバスダイヤの関係で2時間程過ごし、稚内市内へと向けて戻りましたが、稚内駅の周辺よりは
途中の南稚内駅近くには国道沿い商店やどが多く並んでいますので、稚内駅周囲よりは賑やかです。
 
稚内潮見
国道沿いの汐見3丁目バス停を下車し、住宅内に入ると稚内潮見郵便局があります。  国道沿いには
多くの商店ももあり車の通行も多いですが、郵便局周辺は静かな住宅地となっています。
 
稚内潮見
風景印は稚内公園内にある「開基百年記念塔」と「流氷」の中を浮かぶ「フェリー」が描かれています。
南樺太も描かれているので、国際航路のフェリーかも知れません。
 
チナミに稚内潮見郵便局の近くにはマクドナルドがあります。 「日本最北のマクドナルド」となり駐車場
には「日本最北のマクドナルド」の看板が設置されたベンチがありました。
宗谷岬郵便局
北海道内も近年は夜行列車が廃止され、テツ旅も難しくなっていますので、稚内への移動は夜行バスを
利用しました。 日本最北の地「宗谷岬」へは稚内市内よりは路線バスを利用しました。

宗谷岬
日本最北の郵便局となる「宗谷郵便局」は宗谷岬より徒歩15分程離れていて、集落の一番外れにあります。
観光地からも離れているので、好きな人でなければ徒歩で訪問する観光客はいないと思えます。
郵便局には「日本最北端の郵便局」の看板などが設置されています。

宗谷岬
風景印は日本最北端の碑と間宮林蔵が描かれていて、「日本最北端の郵便局」と記載されています。
記念押印も多いようで、スタンプは磨り減っている感じです。
 
宗谷岬へは4度目の訪問になると思いますが、今回の訪問は「宗谷郵便局」への訪問と風景印を手にするこ
とが中心となりましたが、最北の地は何度訪れても良い場所のようで、再訪したいとも思っています。
沼ノ端郵便局
今週からは今年6月にテツ旅を行った北海道の風景印を紹介していきます。 北海道へは新潟港より
フェリーに乗船し苫小牧港に到着しました。 苫小牧港からは苫小牧駅行の連絡バスに乗車しましたが
途中の沼ノ端駅前のバス停で下車しました。 
沼ノ端駅からは千歳線・室蘭本線への乗客が数名下車しました。 札幌駅行の普通列車には少々時間
があるので、沼ノ端駅の周囲をウロウロしました。
  
沼ノ端
沼ノ端郵便局は沼ノ端駅より真っ直ぐ歩いて数分程の場所にあります。 周囲には飲食店やスーパーな
どもある住宅街です。 但し、17時を過ぎていていたので窓口業務は終了していましたので、後日「郵頼」
での風景印を押印となりました。
 
沼ノ端
風景印は「ウトナイ湖」と「樽前山」を背景に「青鷺」と「ハスカップ」が描かれています。 
石巻 面白ポスト
東日本大震災より3年7ヶ月経過しました。 「JR最長片道きっぷ」の旅を2010年9月より実施しまし
たので、津波の被害などが発生する前に実施できました。
その後の震災被害の影響で旅で乗車した路線は未だに不通区間や代行バス区間があります。 
震災の被害は鉄道だけでは無く、郵便ポストなどにも影響したと思えます。
 
特に「JR最長片道きっぷ」の旅では半日程の下車を行い、「石ノ森萬画館」に立寄った時には石巻の
町には多くの石ノ森キャラクター像を見ることができ、ポストの上にも多くのキャラクターが立っていました。
 
石巻駅
石ノ森のギャグ漫画のキャラクター「ボンボン」は石巻駅前のポストに乗っています。

石巻マンガロード①
石巻駅から石ノ森萬画館へと向かい商店街は「石ノ森マンガロード」と名づけられ、多くのキャラクター
像が見られます。
「スカルマン」はマイナーなヒーローですが、仮面ライダーの元となった作品です。
盗難の被害にあったこともありますが、再度設置されているようです。
 
石巻マンガロード②TVでも人気があった「ロボコン」もマンガロードにありましたが、津波の被害を受けて現在ポストは設置
されていないようです。

石巻マンガロード③
石ノ森作品の代表作とも言える「仮面ライダー」はポストにも乗っていましたが、津波の被害を受けて
現在は撤去されているようです。
 
紹介したポストも津波被害で撤去されているものが多いようですが、再度の設置を望みたいですネ。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。