テツ浪人の風景in
郵便局のポストや風景印を中心に紹介しています
プロフィール

テツ浪人

Author:テツ浪人
鉄道好きで全国を巡り、駅での列車待合せ時間帯に「丸型ポスト」や「面白ポスト」を撮影していました。 2014年に郵便局に「風景印」があるのを知り、駅の近くにある郵便局へ立寄り「風景印」を集めだしました。[Ameba]ブログでは鉄道を中心に掲載していますが、[FC2]ブログでは郵便局に関するブログを掲載していきます。
Amebaブログもヨロシク[http://ameblo.jp/tetu-ronin/]



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富山駅 面白ポスト
『風景印』収集のキッカケとなったのは「面白ポスト」から投函したハガキからです。
鉄道の旅を行っていると駅前などに通常のポストとは異なる形のポストを見かける度に撮影
していました。
「面白ポスト」の撮影は駅の周辺を主としていますが、画像がチョット集まっていますので、
基本的に毎週土曜日は「面白ポスト」を紹介していきます。
富山駅b
富山駅の駅前に設置されているポストです。
[越中富山の売薬さん]で置き薬業を全国で広めた売薬さんの姿の銅像がポストの上に乗っています。
富山駅a
現在、富山駅は北陸新幹線開業前の改装工事が行われていて、仮駅舎の前に設置されています。
新幹線用の駅舎完成後にはポストがどうなるかは不明です。 無くなる懸念もありますので、興味が
ある方は早々に富山駅に訪問してください。


スポンサーサイト
高岡駅前郵便局
富山県内の『風景印』を紹介していますが、今年デザインが変更となった郵便局があります。 

高岡駅前
高岡駅前に位置する高岡駅前郵便局は4月1日よりデザインが変更となりました。

高岡駅前
3月31日迄使用されていた『風景印』です。 高岡駅駅舎と駅前に設置されていた大伴家持像に
毎年8月に駅前の商店街を飾る七夕飾りがデザインされていました。
高岡駅前(2014)
新しくなった高岡駅の駅舎と万葉線の車両アイトラムがデザインされています。
北陸新幹線の開業迄1年となり、高岡駅の駅舎が改装に合わせて大伴家持像が撤去されて
しまいましたので、デザイン変更となったようです。
撤去された大伴家持像が再設置されるかなどは決定していないようです。
2月28日に訪問し『風景印』を収集した時に局員より、4月1日よりデザイン変更の情報を得ていま
したので、4月1日当日に訪問して収集しました。 局員の方は郵頼の依頼で忙しそうでした。




水橋郵便局
自宅から一番近い郵便局は水橋郵便局で『風景印』を収集しました。
水橋郵便局
自宅からは近いので徒歩でも訪問可能な郵便局です。
 
水橋
水橋を流れる白岩川と立山連峰の姿に、「売薬」業が盛んな地なので漢方薬を作る薬研(やげん)が
デザインされています。 白岩川と立山連峰の風景は桜の季節が最高の景色となります。
レシート
 
『風景印』は切手は貼った台紙などでも押印してもらえますが、切手の凹凸があると印象にズレが発生しや
すい事ともるので、ハガキに押してもらうのが良いとおもえました。
又、訪問時に郵便局でハガキを購入すれば領収書(レシート)をもらえるので、訪問日時の記録が残ります。



舟橋郵便局
『風景印』を収集するにあたって、出来る限り郵便局に訪問する事にしていますが、鉄道で巡るには限界が
あるので、自家用車を利用する必要もありますので、自宅のある富山県内の郵便局を自家用車で巡る事に
しました。
舟橋郵便局
自宅とは少し離れていますが、富山県舟橋村にある唯一の郵便局です。
現在、富山県及び北陸3県で唯一の村で、日本一小さな市町村となっている舟橋村ですが、県庁所在地の
富山市に隣接しているので、ベットタウン化し人口も増加している村です。
又、郵便局が最も遅くまで無い自治体となっていた舟橋村は郵便局としても重要だと思えます。 
富山地方鉄道の越中舟橋駅の駅前に舟橋郵便局が開局したのは1999年10月からです。

舟橋
舟橋郵便局の『風景印』は舟橋村立図書館と共用の富山地方鉄道の越中舟橋駅です。
西藤原簡易郵便局と同じように駅舎が描かれた『風景印』はテツには貴重です。
チナミに、舟橋村立図書館には日本カモシカが窓を割って飛び込んできたエピソードが、絵本にもなって
いて、富山ではチョット知られた場所です。

風景印が廃止
日本郵便のホームページを見ていると、『風景印』の廃止情報が掲載されていました。
郵便局に出向いて収集することを基本に考えていましたが、廃止される郵便局があると判ると、今後収集
することが難しいですが郵便局に出向くのも無理なので、郵頼で収集することにしました。

厚木テレコムタウン内
厚木テレコムタウン内郵便局は平成26年2月28日で廃局となり、合わせて『風景印』も廃止となりました。
意匠デザインは、大山とサツキに厚木アクスト・メインタワーとなっていました。
 
平成26年3月以降は、廃止(変更)される『風景印』に関して郵便局に訪問できない場合は、郵頼で収集する
ことにしています。
小型印もあります・・・
郵便局の消印には『風景印』以外にも『小型印』と言うのもあるようです。
『小型印』とはイベントや展覧会などでの記念行事などの際に期間限定で使用される消印です。
 
高岡市美術館
昨年末に富山県高岡市美術館で開催された「藤子・F・不二雄 生誕80th記念」展示会の会場に設置された
[ドラえもんポスト]に投函すると、『小型印』が押されることになっていました。

高岡市美術館(臨時ポスト)
ドラえもんがタケコプター姿で郵便配達する消印です。
当初は展示会開催期間の昨年末迄の期間限定の小型印でした。
 
IMG_5976.jpg
しかし、新しく改装された高岡駅の待合室内にドラえもんポストが移設され、投函すれば『小型印』が
おされる事になっています。 期間は平成26年11月29日迄となっているようです。
 
『小型印』は短期間の期間限定の場合が多く、『風景印』のように郵頼での押印依頼ができない場合も
多いので、収集するにはチョット難しい場合がありますので、『小型印』の収集は出来れば行うことにし
たいと思っています。


知らずに収集していた・・・②
もう一つ、偶然に収集していた『風景印』がありました。

境線に乗車し終点境港駅に訪問した時、NHK朝ドラの「ゲゲゲの女房」で人気がでた、境港市の水木しげる
ロードを歩き、「水木しげる記念館」に立寄りました。

水木しげる記念館
「水木しげる記念館」内では妖怪ポストが設置されていましたので・・・
水木しげる記念館ハガキ
館内では記念ハガキを購入し、スタンプを押して投函したハガキの消印は・・・

境港
ゲゲゲの鬼太郎の姿と名産の紅ズワイ蟹と橋が描かれていました。
 
興味が無い時には葉書や封筒の消印は気にしていませんでしたが、今後は消印にもチョット見てみることに
してみたいです。




知らずに収集していた・・・①
『風景印』に興味がでたので、チョット調べてみると知らずに『風景印』を収集していました。
富士山頂
昭和63年に富士山登山を行った時に記念に「富士山登頂証」を富士山頂郵便局で購入しました。
「富士山登頂証」には記念切手に『風景印』が押されています。
 
富士山頂
富士山頂郵便局の風景印は、今は無い富士山測候所のレーダードームがデザインされています。
しかし、測候所が閉鎖されたことで、現在はデザインが変更されているので、チョット貴重な『風景印』
となっています。



郵便で依頼する風景印
『風景印』に関して調べていると、[郵頼]と言う方法があることを知りました。
郵便局へ訪問しなくとも、52円以上の切手を貼った台紙(ハガキでも可)と、82円切手を貼った(複数枚の
場合は重量分の切手を貼る)返信用封筒を同封し、風景印依頼すれば良い事をしりました。
 
しかし、私的には郵便局を訪問して『風景印』を収集したいと思っていますので、[郵頼]はどうしても訪問
できない場合や、『風景印』廃止の場合に限定して行う事にしました。
 
最初に[郵頼]を行ったのは、宮内庁内郵便局の『風景印』です。
  
宮内庁内
皇居の二重橋と新宮殿のデザインとなっています。
皇居内にある郵便局で、宮内庁の業務や関係者のみ(皇族方も利用?)が利用できる郵便局で、皇居内に
設置されているので、一般者の立入が禁じられています。
そのため、宮内庁内郵便局の『風景印』は[郵頼]でしか収集できないこととなります。
 
宮内庁内郵便局が、初めて[郵頼]での『風景印』となります。 
宮内庁内郵便局

チナミに、返信用封筒にも『風景印』の消印となり、封筒には「宮内庁内郵便局」の印が押されていました。

 



鉄道旅での出会い
次に風景印と出会うのは、鉄道旅で三重県の三岐鉄道に乗車し、西藤原駅に下車した時でした。
西藤原郵便局
西藤原駅はSLを模した駅舎で、テツにはたまらなく楽しくなる駅舎です。 待合室に入ると[西藤原簡易
郵便局]が同居していて、「風景印あります」の張り紙を見ました。
鉄道旅では駅スタンプを集めていますが、西藤原駅には駅スタンプが設置されていないこともあり、
駅スタンプの変わりに風景印を押してみることにしました。
西藤原
西藤原簡易郵便局の風景印は西藤原駅舎をデザインされていて、テツも喜ぶ風景印でした。
 
三岐鉄道の鉄道旅より帰宅後、風景印に興味を持ち、色々と調べてみると、何か楽しさを感じ収集する
きっかけになりました。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。